Top 日記>つぶやき日記 >昨日のバレンタインデーはどうでした?

昨日のバレンタインデーはどうでした?

 基本ブログ←これがブログアフィリエイトの元気の素。
 ブログアフィリエイト入門←応援ポチ・ポチ、ヨロシクお願いします。
 超基本アフィリエイト入門←ありがとう!これで明日もがんばります。

14日は、バレンタインデーでしたね。
心ときめくような、良いことはありましたか?

自分はおじさんですし・・・妻子持ちですから・・・
心ときめくような出来事はありませんでしたよ。

少しは心ときめく出来事ないと楽しくないですねTT

甘い甘いプレゼント、まだまだ募集中!

バレンタインデーの歴史
バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼる。当時、ローマでは、2月14日は女神ユノの祝日だった。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもある。翌2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日であった。当時若い男たちと娘たちは生活が別だった。祭りの前日、娘たちは紙に名前を入れた札を桶の中に入れることになっていた。翌日、男たちは桶から札を1枚ひいた。ひいた男と札の名の娘は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていた。そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚した。

ローマ帝国皇帝クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止した。キリスト教司祭だった聖バレンタインは秘密に兵士を結婚させたが、捕らえられ、処刑された。処刑の日は、ユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。バレンタインはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたのである。このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となった。

この逸話には歴史的背景の説明が必要である。初期のローマ教会は、当時の祭事から異教の要素を排除しようと努力した跡がみられる。ルペルカリア祭は排除すべきだが、ただ禁止しても反発を招くだけである。教会がとった方法は、この祭りに何かキリスト教に由来する理由をつけることだった。そこで兵士の結婚のために殉教したバレンタイン司教の助けを借りることにしたと考えられる。こうしてキリスト教以前からあったルペルカリア祭は、バレンタイン由来の祭りであると解釈を変更され、祭りはその後も続いた。前述のくじ引きでパートナーを選ぶ話も、ローマの宗教行事は野蛮であるという印象を与えるために初期キリスト教会によって創作されたものである可能性もある。

聖バレンタインに関する伝説は複数あり、没年が異なっていたり、細部が異なっていたりするものが複数伝えられている。

欧米でのバレンタインの形
ヨーロッパなどでは花やケーキ、カードなどを恋人に贈る習慣がある。カードには、"From Your Valentine" と書いたり、"Be My Valentine." と書いたりもする。

これは日本とは違い、女性から男性のみとは限らない。

チョコレートを恋人に贈る習慣は、19世紀後半のイギリスではじまった。キャドバリー社が2 代目社長リチャード・キャドバリーが1868年に美しい絵のついた贈答用のチョコレートボックスを発売した。キャドバリーはこれに前後して、ハート型のバレンタインキャンディボックスも発売した。これらのチョコレートボックス等がバレンタインデーの恋人への贈り物に多く使われるようになり、後に他の地域にこの風習が伝わっていった。なお、英語では固形チョコレートはキャンディーの一種として扱われることもあるので、この製品のことを「キャンディボックス」と表記している文献もある。

日本でのバレンタインの形
女性が男性にチョコレートを贈る習慣は日本で始まったもので、欧米ではみられないといわれるが、英語版wikipediaに「バラ、チョコレート、宝石などの贈り物」という表記があり、外国でもチョコレートを贈るのはごく普通である。ただし、女性から男性へ贈るのみで逆はほとんどない、という点と、贈る物がほぼチョコレートに限定される、という点は、日本のバレンタインデーの特徴である。

日本でのバレンタインデーとチョコレートとの歴史は、神戸モロゾフ洋菓子店が1936年2月12日に、国内英字雑誌に「バレンタインチョコレート」の広告を出し、1958年2月に伊勢丹新宿本店でメリーチョコレートカムパニーが「バレンタインセール」というキャンペーンを行った。ただどちらにしても、あまり売れなかったようである。伊勢丹でのセールでは、1年目は3日間で板チョコが3枚、カードを含め170円しか売れなかったとの記録がある。ソニー創業者の盛田昭夫は、1968年に自社の関連輸入雑貨専門店がチョコレートを贈ることを流行させようと試みたことをもって「日本のバレンタインデーはうちが作った」としている。

現在ではチョコレートの年間消費量の4分の1がこの日に消費されると言われるほどの国民的行事となっている。当初は女性が男性にチョコレートを贈ると同時に愛の告白をする日とされていたが、現在では既に交際中の恋人や、結婚している夫妻の間でも行われるようになり、上司や同僚、ただの友人などの恋愛感情を伴わない相手にもチョコレートを贈る「義理チョコ」という習慣や女性が女性へチョコレートを贈る「友チョコ」という習慣も生まれている。

大韓民国・台湾でのバレンタインの形
大韓民国や台湾などのバレンタインデーでは、日本のようにチョコレート一色ということはないが、日本の影響で、よく贈られるものの一つにチョコレートは挙げられる。しかし、台湾では男性が送り手である場合が多い。台湾には、8月の旧暦7月7日にあたる日にも七夕という「中国のバレンタインデー」と似た行事が行われる。
この記事へのコメント
爺。 おはよう\(*⌒▽⌒)/ ☆彡


↓の記事。
ディズニーシーは数年前に行ったよ〜。
ランドも行ったけど個人的にはランドの方が
かわいいから好きだなぁ〜。
乗り物たくさん乗った??

ブロモの承認かなり遅いねぇ(`ε´)

(σ`・∀・)σエイ ★,。・:・゚
Posted by hiroco at 2007年02月16日 09:50
まこりんは、誰にもチョコあげなかったー

今日は午前半休

昨日のスノボで、全身筋肉痛。。。
Posted by まこりん at 2007年02月19日 08:39
おはようございます☆yayaです☆
初のアップ募集を始めました。
よかったら参加してくださいね(*- -)(*_ _)ペコリ


って・・・・
未登録?

(*´∇`*)
Posted by yayaちゃん at 2007年02月19日 13:30
こんにちは。電脳牧師のたいぢです。昨年末までおじゃましておりました。憶えていらっしゃいますか? 存在証明のために、コメントしております(笑)

バレンタインデーには、チョコ1箱、焼酎1本、エビスビール1本をゲット!

応援ポチッ☆

笑顔同封 たいぢ
Posted by たいぢ@電脳牧師 at 2007年02月20日 16:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。